安全に使用する

腕を組むサラリーマン

身近にあるコンセント、この使い方をひとつ間違えれば感電や火災の原因になります。あまり気にしない方も多いと思いますが今一度自宅などのコンセントや延長コードをチェックしたほうが良いのではないでしょうか。必要に応じて増設も考えたほうがいいでしょう。プラグケースがかけていたり、先が曲がっている状態は関電やショートの危険があります。少しでも壊れていたら取り替えましょう。他にもトラッキング現象というプラグの刃の間にたまったホコリと湿気が交わり加熱され、火災の原因になることもあります。湿気が多い場所などにあるものは定期的に掃除が必要です。どの場所でも正しく使用して、足りない部分は増設手段を取るようにしたほうが賢明ではないでしょうか。

様々な場所で販売されているタコ足配線専用の商品ですが、これを間違った使用方法をしている方は大勢います。確かに一つの限られた場所で多くのコンセントを使用するのは仕方がないことです。しかし一つのコンセントで安全に使える電気量は決まっているものです。差込口が多いから容量が増えることはまずあり得ません。それだけ負荷がかかってくるのです。家電が増えたから、といって同じ場所でたくさんの電気を使うのはやめたほうがいいでしょう。そのような場合にはコンセントを増設することをおすすめします。増設方法は色々ありますが、基本的に今までなかった場所に増設、元々あった所に差込口を増やす、ボルト数の変更がありますのでご自身の希望にあった工事を選びましょう。