建物を壊す

話し合う男女

一戸建て住宅を購入したいと考える人の中には、古屋付きの土地等を購入して、注文住宅で家づくりを始める人もいます。 また、現在の住まいが古くなったので、新しい家を作りたいと考えたり、親と一緒に生活をするので現在の住まいを2世帯住宅にしたい場合も有ります。 古屋付きの土地と言うのは、既存の建物が有るので解体工事が必要になりますし、現在の住まいが古くなって新しい家を作る場合や、二世帯住宅に作り変える時にも解体工事が必要になります。 解体工事と言うのは建物を取り壊すだけではなく、地中に埋まっている地中障害物の調査を行い、地中に浄化槽やコンクリートなどの基礎が残っている場合は、これ等を撤去しておく必要が有ります。

工務店やハウスメーカーに注文住宅で家づくりの施工を依頼する場合、土地の上に建築物が有る場合は解体工事が必要になります。 解体工事と言うのは建物を取り壊して更地の状態にして、家の建築が出来るような状態にする工事であり、ハウスメーカーや工務店などは下請け業者に解体工事を依頼するケースが多く有ります。 下請け業者に仕事を発注する場合は、直接仕事を発注するよりも多くの費用が掛かるケースが多いものです。 これは中間マージンと呼ばれるもので、100万円で解体工事が出来るところを中間マージンを取るために120万円と言う金額で請求をしてくると言う事なのです。 しかし、分離発注を行う事で20万円と言う費用を節約できると言うメリットが有ります。